コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武居三吉 たけい さんきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武居三吉 たけい-さんきち

1896-1982 大正-昭和時代の農芸化学者。
明治29年10月26日生まれ。昭和3年京都帝大教授となり,31年京大化学研究所長。40-46年京都教育大学長。農薬としてつかわれるデリス根の有効成分ロテノンの化学構造を決定した。9年学士院東宮御成婚記念賞。昭和57年6月25日死去。85歳。長野県出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

武居三吉の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android