歯止め(読み)ハドメ

デジタル大辞泉の解説

は‐どめ【歯止め】

車輪が動かないように、車輪と車輪接触面との間に挟んでおくもの。「歯止めを噛(か)ませる」
車輪の回転を止める装置。ブレーキ。
事態の進行を抑えとどめる働きをするもの。「インフレに歯止めをかける」「欲望の歯止めがきかなくなる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はどめ【歯止め】

( 名 ) スル
車や歯車が回転しないようにすること。また、そのもの。車輪につけたり、車輪と車輪接地面の間に嚙ませる。
事態の進展・進行をとめる手段や方法。 「物価の上昇に-をかける」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

歯止めの関連情報