コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

死に水 シニミズ

デジタル大辞泉の解説

しに‐みず〔‐みづ〕【死に水】

死に際の人の唇をしめしてやる水。末期(まつご)の水。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

葬儀辞典の解説

死に水

死に際、あるいは、亡くなったばかりの死者の口に人生最後の水を含ませます。新しい脱脂綿あるいはガーゼを割り箸の先に固定させたものや、新しい筆先に水をふくませて口を潤します。=末期の水(まつごのみず)

出典|葬儀ベストネット葬儀辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

しにみず【死に水】

臨終の人の口をうるおす水。末期まつごの水。
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

死に水の関連キーワード葬送儀礼のことば死に際水祝い沐浴臨終取る

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android