末期の水(読み)まつごのみず

精選版 日本国語大辞典「末期の水」の解説

まつご【末期】 の 水(みず)

人の死にぎわに口にふくませる水。しにみず。
※説経節・説経苅萱(1631)下「いままいらするこのみづは、おなじめいどにをはします、しげうぢさまの、まつこのみつで御ざあるぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

葬儀辞典「末期の水」の解説

末期の水

死に際、あるいは亡くなったばかりの人の口に人生最後の水をふくませます。新しい脱脂綿あるいはガーゼ割り箸の先に固定させたものや、新しい筆先に水を含ませて、口を潤します。

出典 葬儀ベストネット葬儀辞典について 情報

今日のキーワード

亜種

特定のウイルスに似ていながら、微妙に異なる特徴を持つもの。たとえば、メールを自動配信する特定のウイルス「XXX」が固有の件名や添付ファイル名を使用している場合、これと動作は似ていながら、異なる件名や添...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android