コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

末期の水 マツゴノミズ

デジタル大辞泉の解説

まつご‐の‐みず〔‐みづ〕【末期の水】

臨終の際に、その人の口にふくませる水。死に水

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

葬儀辞典の解説

末期の水

死に際、あるいは亡くなったばかりの人の口に人生最後の水をふくませます。新しい脱脂綿あるいはガーゼ割り箸の先に固定させたものや、新しい筆先に水を含ませて、口を潤します。

出典|葬儀ベストネット葬儀辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

まつごのみず【末期の水】

人の臨終に際して、そのくちびるをしめす水。死に水。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

末期の水の関連キーワード鵜飼吉左衛門会沢正志斎藤田小四郎国友与五郎宮本尚一郎北原 泰作安島帯刀関鉄之介鯉淵要人結城寅寿徳川斉昭生死の海松平昭訓白井織部藤田東湖水田址西宮秀死に際芹沢鴨新論

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

末期の水の関連情報