コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

段切れ だんぎれ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

段切れ
だんぎれ

日本音楽の用語。「だんぎり」ともいう。 (1) 義太夫節浄瑠璃などで,1の終りの部分およびその旋律を段切りといい,俗に段切れという。 (2) 長唄その他の歌舞伎舞踊曲で,楽曲の最終部分およびそれに伴う囃子を段切れというが,その囃子が転用されて下座 (げざ) として幕切れや,出端唄の終曲などに用いられる場合にもいう。段切れの囃子は,大小鼓,太鼓,笛のすべてが同時に終止するが,太鼓だけで「二つ頭 (がしら) 」を打って終止する手法もあり,狂言方の打つ拍子木との関係にいろいろな約束がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

段切れの関連キーワード菅原伝授手習鑑三字切れチラシ所作事

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

段切れの関連情報