コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狂言方 きょうげんかた

7件 の用語解説(狂言方の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

狂言方
きょうげんかた

能楽用語。狂言および間狂言を受持つ役者。シテ方,ワキ方,囃子方に対する。シテ方を除いた3者を一括して三役という。江戸時代以前には,シテ方の特定の流儀に付属するか,大名に召しかかえられていたが,今日では,シテ方の専属ではなく,それぞれが独立している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

狂言方
きょうげんかた

歌舞伎用語。三枚目以下の下級の狂言作者。演出事務,舞台監督を職掌とする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きょうげん‐かた〔キヤウゲン‐〕【狂言方】

演能の際に、狂言を演じる人。本狂言間(あい)狂言三番叟(さんばそう)などをつとめる。狂言師。
歌舞伎の狂言作者のこと。江戸後期には特に四、五枚目の下級作者をいい、立作者の下でせりふの書き抜き、幕の開閉などの仕事をした。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

狂言方【きょうげんかた】

狂言を演じ,またアイとして能に参加する専門職。狂言師とも。また《(おきな)》の三番叟(さんばそう)と風流(ふりゅう)は狂言方の受持。シテ方に対し,ワキ方,囃子(はやし)方とともに三役と呼ばれる
→関連項目

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

きょうげんかた【狂言方】

能楽において,《翁》の三番叟(さんばそう)と風流(ふりゆう),能のアイ(間狂言),独立した劇としての狂言(間狂言と区別していうときは本狂言と称する)の演技を担当する演者のこと。シテ方,ワキ方,囃子方に対しての呼称。歴史的には,大和猿楽四座をはじめ各地の猿楽の座に所属するかたちで狂言を専門に演ずる役者ないし集団があり,室町末期に流派の分化をみた。江戸期には大蔵流・鷺流・和泉流の3流が並び立ち,このうち鷺流は大正期に滅びたので,現在は大蔵・和泉の2流が活動している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きょうげんかた【狂言方】

能楽師のうち、狂言を演じる人。本狂言・間狂言・三番叟さんばそうなどをつとめる。
歌舞伎で、下級の狂言作者。幕の開閉、プロンプター、科白せりふの書き抜きなどを担当。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

狂言方
きょうげんかた

能楽の上演において狂言(本(ほん)狂言、間(あい)狂言、三番叟(さんばそう)および風流(ふりゅう))を勤める役者。狂言師と同義に使われることもあるが、厳密には狂言を本業とする玄人(くろうと)が狂言師で、狂言方には素人(しろうと)でもなれる。江戸時代にはシテ方の流儀あるいは家に特定の狂言方が専属するのを原則としたが、現在は大蔵(おおくら)、和泉(いずみ)2流の役者が、シテ方五流(観世(かんぜ)、宝生(ほうしょう)、金春(こんぱる)、金剛(こんごう)、喜多(きた))の狂言方を勤めている。なお初期歌舞伎(かぶき)には、滑稽(こっけい)な演技を担当する者として、道化(どうけ)方と並び狂言方という役柄が存在したが、のちには歌舞伎の作者(狂言作者)のうち、下級の者を狂言方とよんだ。[小林 責]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の狂言方の言及

【狂言】より


[江戸時代]
 江戸時代に入ると,狂言は能とともに武家の式楽となって幕藩体制に組み込まれる。能のシテ方支配が確立し,狂言方はワキ方・囃子方とともにその服属下に入った。しかしそれは同時に,狂言方が武士に準ずる待遇を受け,演目も定着し,役者は技芸を磨くことに専念できるという体制でもあった。…

【能】より


【役籍】
 能は,役に扮して舞台に立つ立方(たちかた)と,もっぱら音楽を受け持つ地謡方(じうたいかた),囃子方とで成り立つが,それぞれの中で技法がさらに分化し,室町時代末期に七つの専門が確立した。立方を勤めるシテ方,ワキ方,狂言方と,囃子方である笛方,小鼓方,大鼓方,太鼓方の7役籍がそれで,江戸時代以降,互いに他の専門を侵さない規律ができ,現在でもそれが守られている。なお,地謡はシテとの関連性が強いためにシテ方が勤める。…

※「狂言方」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

狂言方の関連キーワード三番叟三番叟物式三番操三番三番叟蜘蛛式三番叟舌出し三番父尉舌出三番叟

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

狂言方の関連情報