毀誉相半ばす(読み)きよあいなかばす

故事成語を知る辞典 「毀誉相半ばす」の解説

毀誉相半ばす

悪い評判といい評判とが、半々であること。

[使用例] 諸新聞の劇評もあまり注意して読まなかったが、毀誉相半ばするという程度であったらしい[岡本綺堂*明治劇談 ランプの下にて|1935]

[由来] 一一世紀の中国、北宋王朝の歴史家司馬光の「資治通鑑―魏紀・五」に出て来る、人をきちんと評価することのむずかしさを言ったことば。ある人物についてよく知ろうとして、人々に尋ねてみても、「毀誉相半ばして」、本当のところを決めることができない、と述べています。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android