コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡本綺堂 おかもと きどう

百科事典マイペディアの解説

岡本綺堂【おかもときどう】

劇作家,作家。本名敬二。東京生れ。多年新聞の劇評を書いたが,2世市川左団次と提携,新歌舞伎の運動を助けて《修禅寺物語》《鳥辺山心中》《番町皿屋敷》など多くの戯曲を書いた。
→関連項目鳥辺山

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡本綺堂 おかもと-きどう

1872-1939 明治-昭和時代前期の劇作家,小説家。
明治5年10月15日生まれ。23年「東京日日新聞」に入社。以後各紙で劇評をかく。44年の戯曲「修禅寺物語」が出世作となり,2代市川左団次と提携した「鳥辺山心中」「番町皿屋敷」などおおくの歌舞伎作品をうんだ。小説では「半七捕物帳」が知られる。昭和12年芸術院会員。昭和14年3月1日死去。68歳。東京出身。府立第一中学卒。本名は敬二。別号に狂綺堂,甲字楼主人。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おかもときどう【岡本綺堂】

1872‐1939(明治5‐昭和14)
劇作家,小説家,劇評家。本名敬二。別号狂綺堂,甲字楼主人。東京高輪に生まれた。東京府立一中時代から劇作に志し,1890年東京日日新聞入社,93年中央新聞社会部長となり,劇評も担当。1913年まで記者生活を続けた。処女作紫宸殿》(1896)の後,1902年1月岡鬼太郎と合作の《金鯱噂高浪(こがねのしやちうわさのたかなみ)》が歌舞伎座に上演された。その後文士劇若葉会に自作を上演したが,08年9月2世市川左団次に《維新前後》を書き,11年5月の《修禅寺物語》の好評によって,両者の提携になる〈新歌舞伎〉の路線が定着した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

おかもときどう【岡本綺堂】

1872~1939) 劇作家・小説家。東京生まれ。本名、敬二。二世市川左団次と提携、「修禅寺物語」をはじめとする新歌舞伎を作劇。また、江戸情緒にあふれる小説を著した。戯曲「室町御所」「番町皿屋敷」「鳥辺山心中」、小説「半七捕物帳」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岡本綺堂
おかもときどう

[生]明治5(1872).10.15. 東京
[没]1939.3.1. 東京
劇作家,小説家。本名,敬二。 1889年東京府立一中学校卒業。劇作家を志して,東京日日新聞社を手始めに新聞社を転々,戯曲,劇評などを書いた。『金鯱噂高浪 (きんのしゃちうわさのたかなみ) 』を岡鬼太郎と合作,歌舞伎座で上演 (1902) したのが自作上演の初め。 1908年『維新前後』が明治座で2世市川左団次によって上演され,11年『修禅寺物語』が好評を博してから,主として左団次のために作品を提供,「新歌舞伎」のジャンルを確立した。『室町御所』 (13) ,『鳥辺山心中』 (15) ,『番町皿屋敷』 (16) ,『相馬の金さん』 (27) など 200に近い戯曲を残した。また江戸市井の生活に関する造詣が深く,16年から『半七捕物帳』で推理小説の新しい領域を開いたのをはじめ,多くの小説を書いた。すぐれた劇談,随筆も多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岡本綺堂
おかもときどう
(1872―1939)

劇作家、小説家。本名敬二。別号狂綺堂、甲字楼主人。明治5年10月15日、東京、芝高輪(しばたかなわ)に生まれる。父敬之助はもと120石取の御家人(ごけにん)で、のちイギリス大使館勤務。東京府立一中卒業後、1890年(明治23)東京日日新聞社に入社。以後各社を転々としつつ劇評を執筆、また劇作に励んだ。1902年(明治35)1月歌舞伎座(かぶきざ)での岡鬼太郎(おにたろう)との合作『黄金鯱噂高浪(きんのしゃちほこうわさのたかなみ)』が自作上演の最初。ついで1908年7月、川上音二郎の革新興行で、2世市川左団次のために『維新前後』を書いて両者の提携が生まれ、1911年5月明治座上演の『修禅寺(しゅぜんじ)物語』が成功して、新歌舞伎作者としての出世作となった。1913年(大正2)から記者生活を離れ、作者活動に専念、主として左団次のために『室町御所』『佐々木高綱』『鳥辺山(とりべやま)心中』『番町皿屋敷』『尾上伊太八(おのえいだはち)』等を次々と発表、また1916年からは『半七捕物帳』(68編)を起稿して捕物帳の先駆をなした。
 1919年2月欧米劇壇を視察、1923年関東大震災後居所を転々、その間に『梅の由兵衛(よしべえ)』『権三(ごんざ)と助十(すけじゅう)』『新宿夜話』のほか、『三浦老人昔話』等を発表、昭和期に『三河万歳』『正雪(しょうせつ)の二代目』『相馬の金さん』『おさだの仇討(あだうち)』等があり、以前の主題を強調した歴史物から世話物や喜劇に転じ、詩情をたたえた枯淡の味をみせた。1930年(昭和5)月刊戯曲雑誌『舞台』を創刊し、後進の指導と作品発表の場をつくった。1937年帝国芸術院会員。昭和14年3月1日没。[菊池 明]
『『岡本綺堂戯曲選集』全8巻(1958~59・青蛙房) ▽岡本経一著『綺堂年代記』(1951・同光社) ▽岸井良衛編『岡本綺堂江戸に就ての話』(1955・青蛙房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の岡本綺堂の言及

【歌舞伎】より

…こうして生まれたのが〈新歌舞伎〉と呼ぶ一連の作品である。大正期になり,外遊から帰った2世市川左団次は,新しい演劇創造の熱意に燃え,小山内薫,岡本綺堂,岡鬼太郎,山崎紫紅,永井荷風,池田大伍という文学者たちをブレーンとし,毎月1作の新作を上演しつづけた。とくに岡本綺堂との提携で生み出した《鳥辺山心中》《修禅寺物語》などは名作で,新歌舞伎の中でも古典的作品となった。…

【修禅寺物語】より

…1幕3場。岡本綺堂作。1911年5月,東京明治座初演。…

【新歌舞伎】より

…この《桐一葉》への賛辞が劇文学者輩出の機運を高め,高安月郊(1869‐1944。《江戸城明渡》《桜時雨》など),山崎紫紅(1875‐1939),岡鬼太郎岡本綺堂らの多くの作品が登場する。これらの作品の特徴は,明治の団菊左や黙阿弥らが辛酸をなめつつ歌舞伎を変革改良しようとした方向ではなく,近代的思想もしくは人間像を歌舞伎の伝統的劇術を借りて表現しようとしたもので,その傾向は現在まで続いている。…

【鳥辺山心中】より

…1幕2場。岡本綺堂作。1915年9月東京本郷座初演。…

【半七捕物帳】より

岡本綺堂作。全68話。…

【番町皿屋敷】より

…1幕。岡本綺堂作。1916年2月東京本郷座初演。…

※「岡本綺堂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

岡本綺堂の関連キーワード市川荒次郎(2代)市川左団次(2世)市川左団次(二代)新・半七捕物帳勝央美術文学館小栗栖の長兵衛お園・六三郎修善寺〈町〉大村 嘉代子お染・半九郎尾上・伊太八尾上伊太八大村嘉代子修善寺温泉岡本 綺堂やまと新聞半七(2)お菊と播磨岸井 良衛中野 実

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岡本綺堂の関連情報