コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

資治通鑑 しじつがん Zi-zhi tong-jian; Tzǔ-chih t`ung-chien

6件 の用語解説(資治通鑑の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

資治通鑑
しじつがん
Zi-zhi tong-jian; Tzǔ-chih t`ung-chien

中国の編年体 (→年代記) の史書。 294巻。北宋の司馬光が畢生の力を注ぎ,19年余の歳月をかけて,元豊7 (1084) 年に完成したもの。戦国時代の初め (前 403) から五代の終り (959) までの 1362年間にわたる史実を資料の厳密な批判と考証を行なって叙述されており,現在でも史料選択の正確さが推賞されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しじつがん〔シヂツガン〕【資治通鑑】

中国、代の歴史書。294巻。司馬光撰。1084年完成。威烈王の前403年から、後周の世宗の959年までの1362年間の君臣の事績を編年体で記したもの。名著の評高く、為政上の鑑(かがみ)と賞されてこの名を賜った。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

資治通鑑【しじつがん】

中国の史書。宋の司馬光の編著。本文294巻。英宗の援助を得て,1066年―1084年に完成。前403年(戦国時代)から959年(五代末)の史実を編年体で記す。史料は正史のほか実録から小説まで322種の書を参考にしている。
→関連項目紀事本末体斎藤拙堂

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しじつがん【資治通鑑 Zī zhì tōng jiàn】

中国,北宋の司馬光が編んだ歴史書。全294巻。〈しちつがん〉とも読まれる。戦国時代から五代に至る,前後16王朝,1362年間にわたる治乱のあとを記した編年体の通史。はじめは個人の著述として着手されたが,のちに通史編纂のための史局の設置,宮廷の図書の自由な閲覧,いっさいの必要経費の支出といった,国家の全面的援助を受け,時の皇帝神宗はまだできあがらないうちから《資治通鑑》という題名と御製の序まで与えている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しじつがん【資治通鑑】

中国の編年体の通史。二九四巻。北宋の司馬光編著。1084年完成。紀元前403年(戦国時代の始まり)から五代末の959年までの歴史を膨大な史料を駆使し、一貫した見識のもとに記す。書名は君王の政治に資する鑑かがみとなる書の意で、神宗から賜ったもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

資治通鑑
しじつがん

中国の歴史書。司馬光(しばこう)著。294巻。北宋(ほくそう)の英宗の勅を受けて1065年編集に着手、19年をかけて84年に完成、神宗に献じた。歴代の事績を明らかにし、皇帝の政治の参考に供する意味で名づけられた。周の威烈王23年(前403)から五代後周(こうしゅう)末(959)まで1362年間の史実を編年体で記述し、政治、経済、軍事、地理、学術など広く各分野にわたっている。300を超える膨大な原史料から彼の儒教的歴史観に基づいて編集し、優れた文体で叙述され、中国の代表的な史書である。すでに散逸した根本史料を含む唐・五代の部分の史料的価値は大きい。南宋末元初の人胡三省(こさんせい)が30年を費やして作成した注釈は本書の価値をさらに高めている。[柳田節子]
『田中謙二注『中国文明選1 資治通鑑』(1974・朝日新聞社) ▽頼維勤・石川忠久編『中国古典文学大系14 資治通鑑選』(1970・平凡社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の資治通鑑の言及

【司馬光】より

…以後,前後19年間,范祖禹(はんそう),劉攽(りゆうふん),劉恕(りゆうじよ)らの協力を得て,周の威烈王23年(前403)から五代後周末の960年まで,1363年間の編年体294巻の歴史書を完成。神宗から《資治通鑑》の名を賜った。皇帝と士大夫のあるべき姿(儒教的倫理にもとづく名教の世界)を歴史事実の叙述の中で示そうとしたこの書物は,司馬遷の《史記》とならぶ中国史書の双璧とたたえられる。…

【正名論】より

…正名とは名分を正すこと,つまり君・臣とか父・子という人倫上の地位に固有の本分が履行されるようにすることをいい,儒教とくに宋学で強調された観念である。本書は宋の司馬光の《資治通鑑(しじつがん)》冒頭の正名論を下敷きとして,君臣上下の名分を正すことの重要性を強調しつつ,幕府が天皇を尊べば大名は幕府を尊び,大名が幕府を尊べば藩士は大名を敬い,結局上下秩序が保たれるようになるとして,尊王の重要性を説いている。本書は短いものであるが,尊王と敬幕(幕藩体制の維持)とが不可分な,いなむしろ敬幕のために尊王を説く,水戸学の尊王論の核心を端的に示す点で重要である。…

【中国文学】より

…唐の韓愈,柳宗元に蘇軾およびその父蘇洵(そじゆん)と弟蘇轍(そてつ)および王安石,曾鞏,欧陽修を加えて唐宋八大家という。このほか司馬光の《資治通鑑(しじつがん)》は編年体歴史の傑作であるが,文体は欧陽修に似て流暢であり,文学としても鑑賞にたえる。四六文は形式化したが,南宋末までなお公文書などに使われ,名家が多かった。…

【年代記】より

…歴代の王朝が史官を設けて日々生起する自然と人文の事件を記録させたのもこの理念からであり,その記録は起居注実録として制度化され,正史の素材ともなった。中国における年代記的著作の最高の到達点は《資治通鑑》で,1360年に及ぶ膨大な史実を,しかも紀伝体に劣らぬ豊かさで編年した技量は驚くべきものがある。【谷川 道雄】
[日本]
 日本においても年代記は古代から近世に至るまで多数作られた。…

【本朝通鑑】より

…62年修史継続の命が徳川家綱から羅山の子鵞峰に下り,64年から忍岡林邸内の国史館で作業が開始され,《本朝編年録》の稿本を復元校勘して正編とし,続編を林梅洞,林鳳岡,人見友元,坂井伯元らが分担起草し,鵞峰が統轄して完成し幕府に献上した。中国の《資治通鑑(しじつがん)》を模範にし,《通鑑綱目》を参考とし,事実を直叙して後代の鑑戒とすることを目ざした。幕府の援助もあって豊富な史料に基づき,史実の考証,異説の併載や俗伝,異聞の紹介もある。…

※「資治通鑑」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

資治通鑑の関連キーワード蔡京三国史記司馬光曹知白続資治通鑑長編通鑑綱目史書書儀郭熙司馬談

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone