比例代表制ラグ方式(読み)ひれいだいひょうせいラグほうしき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「比例代表制ラグ方式」の解説

比例代表制ラグ方式
ひれいだいひょうせいラグほうしき

比例代表制でありながら一党独裁もしくは二大政党突出にならず,しかも少数意見を比較的吸上げやすく,安定しつつ政権交替もあるという政治情況を生むために工夫された選挙制度。北欧諸国が採用している。各党の全得票を 1.4で割ったあと,次は3,そのは5と,小さい順に奇数で割っていき定員当選者を決める方式

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android