定員(読み)ていいん

精選版 日本国語大辞典「定員」の解説

てい‐いん ‥ヰン【定員】

〘名〙 きまっている人数。
① 官庁・学校などの構成員の、規則によって定められた人数。
※令義解(833)職員「駈使丁〈、凡諸司駈使丁、皆有定数、特於此寮、不員数者、分配諸司、其余多少、皆配此寮、故无定員也〉」
※東巡録(1876)〈金井之恭〉六「本校は生徒百五十名を定員とし」 〔南斉書‐崔祖思伝〕
② 乗り物や催し物の会場などに無理や危険なく収容できるものとして定められた人数。
※日本の下層社会(1899)〈横山源之〉四「各室には其の定員に応じて一箇の押入を設け」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「定員」の解説

てい‐いん〔‐ヰン〕【定員】

規則によって定められた組識などの人数。また、乗り物・会場などの安全を考慮した上での収容人数。「定員に達する」
[補説]鉄道車両の定員については「乗車率」を参照。→乗車率

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android