比干(読み)ヒカン

大辞林 第三版の解説

ひかん【比干】

中国、殷いんの紂王ちゆうおうの父方のおじ。紂王の悪虐無道を諫めたところ、怒った王は、聖人の胸には七竅しちきようがあるというが見たいものだといって比干を殺し、その胸を切り開いたという。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の比干の言及

【財神】より

…中国の財福をつかさどる神をいう。財神の正統的な神格と目される〈増福財神〉〈玄壇神〉〈五顕財神〉をはじめとして〈関帝〉〈比干〉など多種多様の神が奉祀される。〈玄壇神〉は,古くからよく知られた神で,その名を〈趙玄朗〉〈趙公明〉という。…

※「比干」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android