コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

比揮発度 ひきはつどrelative volatility

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

比揮発度
ひきはつど
relative volatility

液状または溶液状物質の揮発または蒸発しやすさを表わす尺度を揮発度という。溶液の場合,特定の成分について溶液中のモル分率x ,溶液と平衡にある気相中の分圧を p とするとき,p/x で表わされる。気相におけるその成分のモル分率を y とするとき,y/x は揮発度と呼ばないで,通常は平衡係数と呼ばれる。異なる成分の揮発度または平衡係数の比を比揮発度と呼び,通常αで表わす。A,B2成分から成る理想溶液では,P をその成分の純物質としての蒸気圧とすると,p/xP となるので,A成分のB成分に対する比揮発度 αABPA/PB で表わされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

比揮発度の関連キーワード蒸気圧純物質分圧気相

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android