コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

比羅夫温泉 ひらふおんせん

3件 の用語解説(比羅夫温泉の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ひらふおんせん【比羅夫温泉】

北海道後志しりべし支庁俱知安くつちやん町にある温泉。硫黄泉。旧、山田温泉。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕比羅夫温泉(ひらふおんせん)


北海道南西部、虻田(あぶた)郡倶知安(くっちゃん)町にある行楽向きの温泉。山田(やまだ)温泉とも。ニセコアンヌプリ(標高1308m)の東山腹にあり、正面に羊蹄(ようてい)山(同1898m)を望む。冬季はニセコグラン・ヒラフスキー場の利用客でにぎわう。ナトリウム-炭酸水素塩塩化物泉、ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉カルシウム硫酸塩泉。泉温65℃。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

比羅夫温泉
ひらふおんせん

北海道南西部、後志(しりべし)総合振興局管内の倶知安(くっちゃん)町にあるニセコ温泉郷の一つ。ひらふ温泉と表記する場合が多い。ニセコアンヌプリ南東斜面にあり、1894年(明治27)に発見、翌年山田太助が旅館を開業し、以来山田温泉と称したが改称した。泉質は硫黄(いおう)泉。付近にニセコ最大のスキー場「ニセコマウンテンリゾート グラン・ヒラフ」があり、その基地となっている。なお、比羅夫という地名は阿倍(あべ)比羅夫が政庁を置いたことによるという伝承がある。JR函館(はこだて)本線倶知安駅からバスの便がある。[瀬川秀良]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

比羅夫温泉の関連キーワード尾花岬倶知安町倶知安・俱知安後志倶知安名水の郷きょうごく虻田[町]奥尻[町]昆布[温泉]二世古

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone