コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

比羅夫温泉 ひらふおんせん

3件 の用語解説(比羅夫温泉の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ひらふおんせん【比羅夫温泉】

北海道後志しりべし支庁俱知安くつちやん町にある温泉。硫黄泉。旧、山田温泉。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕比羅夫温泉(ひらふおんせん)


北海道南西部、虻田(あぶた)郡倶知安(くっちゃん)町にある行楽向きの温泉。山田(やまだ)温泉とも。ニセコアンヌプリ(標高1308m)の東山腹にあり、正面に羊蹄(ようてい)山(同1898m)を望む。冬季はニセコグラン・ヒラフスキー場の利用客でにぎわう。ナトリウム-炭酸水素塩塩化物泉、ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉カルシウム硫酸塩泉。泉温65℃。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

比羅夫温泉
ひらふおんせん

北海道南西部、後志(しりべし)総合振興局管内の倶知安(くっちゃん)町にあるニセコ温泉郷の一つ。ひらふ温泉と表記する場合が多い。ニセコアンヌプリ南東斜面にあり、1894年(明治27)に発見、翌年山田太助が旅館を開業し、以来山田温泉と称したが改称した。泉質は硫黄(いおう)泉。付近にニセコ最大のスキー場「ニセコマウンテンリゾート グラン・ヒラフ」があり、その基地となっている。なお、比羅夫という地名は阿倍(あべ)比羅夫が政庁を置いたことによるという伝承がある。JR函館(はこだて)本線倶知安駅からバスの便がある。[瀬川秀良]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone