倶知安町(読み)くっちゃん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

倶知安〔町〕
くっちゃん

北海道西部にある町。洞爺湖の北方に位置する。後志総合振興局所在地。1916年町制。地名はアイヌ語クチャウンナイ(木の枝でつくった狩人の小屋のある沢の意)に由来。1892年開拓が始まり,1904年北海道鉄道(現 JR函館本線)開通,1910年後志支庁所在地となり,後志中部農業地域の中心地として発展。主産業はジャガイモなどの畑地農業と米作,畜産。羊蹄山,ニセコ連峰の登山基地で,比羅夫温泉(ひらふおんせん),山田温泉や,ニセコ国際ひらふスキー場,ニセコワイススキー場がある。羊蹄山北麓は支笏洞爺国立公園に,ニセコアンヌプリ東麓はニセコ積丹小樽海岸国定公園に属する。JR函館本線,国道5号線が通る。面積 261.34km2。人口 1万5018(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

倶知安町の関連情報