コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

比胴長 ひどうちょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

比胴長
ひどうちょう

身体計測示数の一つで,身長に対するの長さを百分率で表わしたもの。胴の長さとは胸骨上縁から恥骨結合の上縁までの距離。ニグロイドコーカソイドオーストラロイドでは小さく,モンゴロイドでは大きい。ヒトの成長の過程をみると,成熟するにつれて比胴長は小さくなる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android