コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

比較史 ひかくしcomparative history

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

比較史
ひかくし
comparative history

異なる国ないし地域の互いに類似した歴史事象を比較することを通じて,それぞれの特殊性と相互の共通性とを明らかにする研究方法,またそれに基づく歴史叙述。この方法は中世・近代のヨーロッパ諸国のように,共通の歴史的基盤をもつ国について適用するとき,とりわけ有効であるが,経済史や法制史の面では日本とヨーロッパ諸国を比較することも以前から行われ,大きな成果をあげている。また近時における文化人類学の発達に伴い,いわゆる無文字社会の調査結果を先進諸国の古代社会と比較する試みもみられ,一般に比較史的考察は,記録史料の乏しい古い時代の歴史研究を進めていくうえで,今後ますます重要となるであろう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

比較史の関連キーワードセー(Henri Sée)ポール コーシャカーC.E. ブラッグガーシェンクロン比較都市史研究会コワレフスキーアンリ セーセーニョボス高橋幸八郎軍国主義移行論争法社会学ブロック農奴制単位制理念型斎藤修原勝郎教育史領主

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

比較史の関連情報