毛利勝永妻(読み)もうり かつながの つま

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

毛利勝永妻 もうり-かつながの-つま

?-? 織豊-江戸時代前期の女性。
竜造寺氏の娘。関ケ原戦いのあと,とともに土佐山内家にあずけられる。慶長19年大坂冬の際し,妻への後難をおそれて大坂入城をためらう夫をはげまし,子の勝家とともに土佐を脱出させた。山内家に禁固され,事態徳川家康に報告されたが,家康のとがめはなかったという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android