コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜造寺氏 りゅうぞうじうじ

百科事典マイペディアの解説

竜造寺氏【りゅうぞうじうじ】

戦国大名。藤原秀郷(ひでさと)の一流と伝えるが不明。初代秀家が肥前(ひぜん)国竜造寺地頭職(しき)に補任(ぶにん)され竜造寺氏と称した。室町時代は少弐(しょうに)氏に属したが,戦国時代隆信が出て筑後(ちくご)・肥前まで進出し,島津・大友両氏と並ぶ勢力となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうぞうじうじ【竜造寺氏】

肥前国佐嘉郡竜造寺(現,佐賀県佐賀市)を本拠とする中世武家。藤原秀郷流というが,諸説あって不明。秀(季)家が1186年(文治2)に竜造寺村の地頭職に補任されて竜造寺を称する。弘安の役には家益が活躍し筑前・筑後にも勢力を拡大。南北朝期には家政が北朝方として活躍。室町時代には少弐氏に属する。戦国期には少弐氏に反旗をあげたため家兼が筑後に追われて,危機となるが,鍋島氏らに迎えられて佐賀水ヶ江城に入る。1546年(天文15)家兼の曾孫円月が還俗して隆信と称し,少弐氏を攻略して肥前の一大武将となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の竜造寺氏の言及

【肥前国】より

…だが南北朝動乱の終結により,この一揆契諾は解消している。
[少弐氏から竜造寺氏へ]
 室町時代は大内氏の支援を受けた九州探題渋川氏と少弐氏の抗争の場となった。1497年(明応6)大内氏との戦に敗れた少弐氏は大宰府を追い出され,竜造寺氏の援助で肥前国を流浪しながら命運を保っていたが,1559年(永禄2)正月少弐冬尚が勢福寺城で敗死し,滅亡した。…

※「竜造寺氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

竜造寺氏の関連キーワード竜造寺家兼三瀬[村]富士[町]毛利勝永妻竜造寺隆信竜造寺政家佐賀[市]長崎代官島津義久少弐冬資鍋島勝茂獅子ヶ城有馬晴信秋月種実高橋紹運有馬義貞後藤貴明鍋島騒動徳島胤順隈部親永

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android