コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毛利梅園 もうり ばいえん

2件 の用語解説(毛利梅園の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

毛利梅園 もうり-ばいえん

1798-1851 江戸時代後期の博物家。
寛政10年生まれ。幕臣で書院番をつとめた。「梅園草木花譜」「梅園介譜」のほか,鳥,魚,菌類などの正確な写生図譜をのこした。嘉永(かえい)4年8月7日死去。54歳。名は元寿。別号に攅華園,写生斎など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

毛利梅園

没年:嘉永4.8.7(1851.9.2)
生年:寛政10(1798)
江戸後期の博物家。名は元寿,号は梅園,楳園,写生斎,写真斎,攅華園など。江戸築地に旗本の子として生まれ,長じて鶏声ケ窪(文京区白山)に住み,御書院番を勤めた。20歳代から博物学に関心を抱き,『梅園草木花譜』『梅園禽譜』『梅園魚譜』『梅園介譜』『梅園虫譜』などに正確で美麗なスケッチを数多く残した。他人の絵の模写が多い江戸時代博物図譜のなかで,大半が実写であるのが特色。江戸の動植物相を知る好資料でもある。当時の博物家との交流が少なかったのか,名が知られたのは明治以降。ほかに父元苗との共著『皇代系譜』がある。

(磯野直秀)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

毛利梅園の関連キーワード梅園静廬淡海玉潾諦浄平井梅園岡田芝斎渡辺秀詮狩野則信栗本翠庵伊星双缶田中長与

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone