コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

元寿 げんじゅ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

元寿 げんじゅ

1575-1648 江戸時代前期の僧。
天正(てんしょう)3年生まれ。真言宗。長谷(はせ)寺の専誉,智積(ちしゃく)院の玄宥(げんゆう)らにまなぶ。元和(げんな)5年将軍徳川秀忠より江戸に大報恩寺をおくられる。寛永8年智積院4世,15年僧正。正保(しょうほ)5年閏(うるう)1月13日死去。74歳。下野(しもつけ)(栃木県)出身。俗姓は野口。字(あざな)は長存。著作に「秘識義章」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

元寿の関連キーワード[各個指定]芸能部門清元 登志寿太夫若柳 吉登代花柳 輔蔵自動包装機清元 延栄花柳 啓之中国仏教大林宗套馬越元泉花柳寿輔南里有鄰清元梅吉毛利梅園河内公明仏像日誉宥貞隆長運敞

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

元寿の関連情報