コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

書院番 しょいんばん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

書院番
しょいんばん

江戸幕府の職名。成立当初,殿中白書院に勤番したのでこの名がある。若年寄に属し,江戸城諸門の警衛,諸儀式の席の周旋,将軍出行の扈従 (こしょう) をつとめ,番頭は交代で宿直した。慶長 10 (1605) 年設置の頃は4組,のち 10組がおかれ,各組に番頭,組頭各1名,組衆 50名,与力 10名,同心 20名をおいた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しょいん‐ばん〔シヨヰン‐〕【書院番】

江戸幕府の職名。若年寄に属し、江戸城警護、将軍外出時の護衛などの任にあたった。初め4組、のち10組程度で、各組に番頭(ばんがしら)・組頭・組衆・与力・同心を置いた。御書院番。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しょいんばん【書院番】

江戸幕府番方の職制。1605年(慶長10)もしくは06年の創置。はじめ白書院紅葉間に勤番したところから,その名を得た。43年(寛永20)以後は,虎之間に勤番することになった。五番方の一つで,小性組番と併称して両番という。定数は10組(ときに増加あり)で,各組に番頭1人(若年寄支配,役高4000石,役料なし,在番中は禄高の半額支給,諸大夫,菊之間詰),組頭1人(若年寄支配,役高1000石,布衣,菊之間南御襖際),組衆50人(頭支配,役高300俵,御目見以上,虎之間詰),与力10騎(役高現米80石,御目見以下,上下役,御抱場),同心20人(役高30俵二人扶持,御目見以下,御抱場)が属した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しょいんばん【書院番】

江戸幕府の職名。若年寄の配下で、営内を警備し、将軍外出の際には行列に従って警護にあたるほか、遠国出張や毎年交替で駿府在番などの役をつとめる。御書院番。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

書院番
しょいんばん

江戸幕府番方(ばんがた)の職名。創置は1605年(慶長10)もしくは翌06年の両説がある。初め白(しろ)書院紅葉之間(もみじのま)に勤番したところから、その名を得た。五番方の一つで、小姓(こしょう)組番と併称して両番という。定数は10組(ときに増加あり)。各組に番頭(ばんがしら)1人(若年寄(わかどしより)支配、役高4000石、役料なし、駿府(すんぷ)在番中は禄高の半額支給、諸大夫(しょだいぶ)、菊之間詰(きくのまづめ))、組頭1人(若年寄支配、役高1000石、布衣(ほい)、菊之間南御襖際(おふすまぎわ))、組衆50人(頭支配、役高300俵、御目見(おめみえ)以上、虎之間詰)、与力10騎(役高現米80石、御目見以下、上下(かみしも)役、御抱場(おかかえば))、同心20人(役高30俵二人扶持(ぶち)、御目見以下、御抱場)があった。1866年(慶応2)廃止。番頭、組頭は勤仕並寄合(よりあい)、組衆は奥詰銃隊あるいは勤仕並小普請(こぶしん)に編入された。平時は殿中虎之間に勤番し(1643年以後)、また玄関前中雀(ちゅうじゃく)門および上埋門などの諸門を警衛した。そのほか諸儀式の世話役を勤め、将軍出行の供奉(ぐぶ)に任じ、市中の巡回などにもあたった。また1639年(寛永16)以後は、毎年1組が駿府城に在番した(それまでは大番が在番)。しかし、これは1790年(寛政2)に廃止された。戦時は、他の番方などとともに将軍の旗本に備えた。[北原章男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の書院番の言及

【巡見使】より

…最初の寛永の巡見使は,大御所徳川秀忠が死去し3代将軍家光が名実ともに政権を掌握したのを機に,また寛文の巡見使は4代家綱の政権の確立期に,それぞれ派遣されたが,5代綱吉の天和の巡見使以降,代替り直後に派遣されるようになった。 巡見使は原則として全国に派遣されたが,寛永の場合は6ブロックに3人ずつ(万石以上,使番,両番(書院番小性組)により構成),寛文の場合は〈陸方衆〉として6ブロック(ただし1664年派遣の関東を除く)に3人ずつ(使番,書院番,小性組により構成),〈海辺衆〉として2ブロックに2人ずつ(船手等により構成),天和と宝永の場合は8ブロックに3人ずつ(使番1人,両番2人により構成)の編成で,御料(幕領と天領)・私領の区別はなかった。ところが宝永の巡見使のもたらした報告により全国の施政・民情の実態を知った幕府は,とくに直轄領の監察強化を企図し,1712年から翌年にかけて,全国の幕領を14のブロックに分け,各3人ずつ(勘定,支配勘定,徒目付(かちめつけ)により構成)の〈国々御料所村々〉巡見使を派遣した。…

※「書院番」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

書院番の関連キーワード朝比奈所左衛門井戸良弘(2)小堀十左衛門喜多見重政甲斐庄正述佐久間信房佐久間信就稲垣重氏市橋信直駒井昌保大岡忠相土屋之直角南重世筒井忠雄佐藤成次宮崎重政雲楽山人桜井勝政安藤定智飯河成信

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android