毛利 安子(読み)モウリ ヤスコ

20世紀日本人名事典の解説

毛利 安子
モウリ ヤスコ

江戸時代末期〜大正期の社会事業家 大日本婦人教育協会会長。 侯爵・毛利元徳の妻。



生年
天保14年3月(1843年)

没年
大正14(1925)年7月25日

出生地
江戸

経歴
実父は長府藩主毛利元運で、嘉永4年(1851年)萩藩主毛利敬親の養女となる。安政5年(1858年)親戚の徳山藩主毛利家から元徳を婿養子に迎え、慶応1年(1865年)には長男を出産した。維新後は社会事業に従事し、明治23年に日本婦人教育協会会長に就任するなど婦人の地位向上に貢献。また、慈善活動にも力を注ぎ、日本赤十字社の要職を歴任した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android