親戚(読み)しんせき

精選版 日本国語大辞典「親戚」の解説

しん‐せき【親戚】

〘名〙 血族と姻族。身内。親類親族親家
※令義解(718)儀制「親戚〈謂。親者。内親也。戚者外戚也〉及家令以下。不禁限
※古活字本毛詩抄(17C前)四「我うへてをいた枸杞の木をばしをりてくれなと云は、我親戚はし毀てくれな、我兄弟をばし毀なと云心ぞ」 〔春秋左伝‐僖公二四年〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「親戚」の解説

【親戚】しんせき

みうち。陶潜〔帰去来〕親戚の話をび、琴書を樂しんで以て憂ひをす。

字通「親」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android