コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

民之助 たみのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

民之助 たみのすけ

?-? 江戸時代後期の漂流民。
陸奥(むつ)石巻(宮城県)の若宮丸乗組員。寛政5年(1793)仙台沖で遭難し,アリューシャン列島の1島に漂着。イルクーツクで神昌丸漂流民の新蔵の援助をうけ,同僚の善六のすすめでロシアに帰化。ロシア名はイワン=メイトロビッチ=キセリョフ

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

民之助の関連キーワード鶴沢 重造(3代目)速水春暁斎(2代)石黒政常(2代)雷神不動北山桜菊池 鋳太郎佐藤神符満久米権九郎嵐野 英彦菊池鋳太郎6月3日坂本龍一松平親賢沼田城八三郎

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android