民事介入暴力(読み)ミンジカイニュウボウリョク

デジタル大辞泉の解説

みんじかいにゅう‐ぼうりょく〔ミンジカイニフ‐〕【民事介入暴力】

暴力団の構成員が一般市民の日常生活や経済取引に民事上の権利者や関係者として介入し、違法・不当に利益を獲得しようとする行為。民暴

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

民事介入暴力【みんじかいにゅうぼうりょく】

〈民暴〉という警察用語で知られる。暴力団員が国民生活や経済取引で,関係者として介入し,不法な利益を獲得すること。交通事故示談や,地上げ,債権取立てなどが多い。1992年施行の暴力団対策法取締りが強化された。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

みんじかいにゅうぼうりょく【民事介入暴力】

民事上の紛争の外観を装ってなされる不正行為。民事執行・倒産・債権取立などにおいて行う暴力・脅迫・迷惑行為や社会通念上の限度を超える不当な行為。民暴。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

民事介入暴力の関連情報