民事介入暴力(読み)みんじかいにゅうぼうりょく

百科事典マイペディア「民事介入暴力」の解説

民事介入暴力【みんじかいにゅうぼうりょく】

民暴〉という警察用語で知られる。暴力団員が国民生活や経済取引で,関係者として介入し,不法な利益を獲得すること。交通事故示談や,地上げ債権取立てなどが多い。1992年施行の暴力団対策法で取締りが強化された。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「民事介入暴力」の解説

みんじかいにゅう‐ぼうりょく〔ミンジカイニフ‐〕【民事介入暴力】

暴力団の構成員が一般市民の日常生活や経済取引に民事上の権利者や関係者として介入し、違法・不当に利益を獲得しようとする行為。民暴。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android