民事(読み)みんじ

精選版 日本国語大辞典「民事」の解説

みん‐じ【民事】

〘名〙
人民に関すること。庶民の生産に関すること。
※新論(1825)長計「因神威以制
風俗画報‐三五一号(1906)小石川大原町「明後は戸長となり、民事(ミンジ)に奔走し」 〔書経‐太甲〕
② 私法上の法律関係に関する事項、またはこれらから生ずる現象。⇔刑事。〔改正増補和英語林集成(1886)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「民事」の解説

【民事】みんじ

民の生活。また、治。〔申鑒政体〕國に游民無く、野に業無く、(むな)しく用ひず、力、(みだ)りに如へず。以て民事を(あまね)くする、れを生と謂ふ。

字通「民」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の民事の言及

【民事法】より

…技術的な用語として厳密な意味があるわけではないが,広い意味では,刑事法,すなわち犯罪およびその処罰に関する法領域(刑法,刑事訴訟法など)との対比で用いられる。民法,商法,民事訴訟法,労働法などが,だいたいにおいて民事法に含まれる。私法と呼ばれる分野と重なり合うことが多いが,私法の語は,公法との対比で用いられるので,厳密には私法と同じではない(たとえば,民事訴訟法は民事法に属することに争いはないが,その性格は公法であるとされている)。…

※「民事」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

プラスチックワード

意味のあいまいなままに、いかにも新しい内容を伝えているかのように思わせる言葉。プラスチックのように自由に組み合わせ、さまざまな分野で手軽に使える語をさす。ドイツの言語学者ベルクゼンが提唱。「国際化」「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android