コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地上げ/地揚げ ジアゲ

デジタル大辞泉の解説

じ‐あげ〔ヂ‐〕【地上げ/地揚げ】

[名](スル)
低い土地などに土を盛って高くすること。「大量の土砂を入れて―する」
建築用地を確保するため、地主借地借家人と交渉して土地を買収すること。「―屋」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

地上げ

所有者が分かれている土地をまとめて大規模開発にあてるため、業者が個別に地権者と交渉して土地を買収すること。値上がりをあて込み、バブル経済へと進む80年代半ばから都心で目立ち始めた。移転を拒む借地人らを暴力的に追い出したり、「土地ころがし」で地価をつり上げたりといった一部業者の悪質な行為が問題化した。バブル崩壊後には西富久のほか、中央区港区などで地上げが途中で放棄されて虫食い状態になった地区が続出。なかなか清算が進まなかった。

(2012-06-01 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

地上げ/地揚げの関連キーワード土地有効利用事業新宿ゴールデン街斉と公平太さん円山 理映子民事介入暴力土地転がし山本えいこ地上げ屋老人問題底地買い住宅問題鈴木了二看板建築迂回融資所有者暴力団土砂

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android