民信無くば立たず(読み)タミシンナクバタタズ

デジタル大辞泉の解説

民(たみ)信(しん)無(な)くば立(た)たず

《「論語」顔淵から》政治民衆信頼なくして成り立つものではない。孔子が、政治をおこなう上で大切なものとして軍備食糧・民衆の信頼の三つを挙げ、中でも重要なのが信頼であると説いたことから。民信無くんば立たず。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

民信無くば立たずの関連情報