コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気しんど キシンド

デジタル大辞泉の解説

き‐しんど【気しんど】

[形動][文][ナリ]気づかれのするさま。また、心苦しいさま。気の毒だ。
「前から見て居るに、―でならぬ」〈浄・伊賀越

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きしんど【気しんど】

( 形動 )
〔近世語〕
気疲れがするさま。心配ではらはらするさま。 「ああ気の毒な足もと、前から見て居るに-でならぬ/浄瑠璃・伊賀越道中双六」 → しんど

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

気しんどの関連キーワード伊賀越道中双六気疲れ

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android