心労(読み)しんろう

精選版 日本国語大辞典「心労」の解説

しん‐ろう ‥ラウ【心労】

〘名〙
① (━する) あれこれ心配して悩むこと。きぼねを折ること。気苦労。心づかい。心配。
※宇津保(970‐999頃)国譲下「さいつ頃、ほとほとしき病者をなんもて侍りて、かしこくしんらうし侍るなり」
※雲形本狂言・若菜(室町末‐近世初)「いか程骨を折てもさのみ心労(シンラウ)にもおもはぬ事ぢゃ」 〔書経‐周官〕
② 心の疲れ気疲れ。精神的疲労。
※志都の岩屋講本(1811)下「常に嫉妬の情を除かぬとそれが悉く心労の本と為るに依って、病が発(おこ)る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「心労」の解説

しん‐ろう〔‐ラウ〕【心労】

[名](スル)あれこれ心配して心を使うこと。また、それによる精神的な疲れ。気苦労。気疲れ。「心労が絶えない」
[類語]気疲れ気苦労心痛ストレス苦労心配骨折りろう労苦苦心腐心辛苦辛労煩労艱苦かんく艱難かんなん苦難辛酸ひと苦労疲れ疲労困憊過労疲弊くたびれ倦怠けんたい疲憊ひはい困弊こんぺい所労旅疲れ考え事思案物思い考え懸念恐れ憂慮取り越し苦労杞憂悲観恐れる不安危惧きぐ危懼きく疑懼ぎく胸騒ぎ気がかり心がかり不安心心細い心許こころもとない憂い気遣いわずら怖い危なっかしい頼り無いおののく動揺心騒ぎ煩慮憂惧ゆうぐ憂懼ゆうく憂い事気遣わしい痛心鬼胎ひやひやはらはらどきどきおどおどあぶなあぶな恐る恐るこわごわおっかなびっくりおじおじおずおずびくびくこわがる臆するおびえるびくつくおじるおじける恐怖恐れをなす悪びれる案ずる気が気でないそぞろ足が地につかない気が揉める居ても立ってもいられない矢も楯もたまらない居たたまれない生きた心地もしない気になる気に病むおぼつかない

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「心労」の解説

【心労】しんろう(らう)

心が疲れる。〔書、周官〕(こ)れ恭儉をとし、爾(なんぢ)の僞を載(こと)とすること無(なか)れ。を作(な)さば心して日に休し、僞を作さば心勞して日に拙なり。

字通「心」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android