コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しんど シンド

デジタル大辞泉の解説

しんど

[名・形動]《「しんろう(心労)」の変化した「しんどう」の音変化か。現在では関西地方で用いる》くたびれること。だるいこと。また、そのさま。「ああ、しんど
「はあ、いかう―な。この刀を持ってくれさしめ」〈狂言記・粟田口

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんど

( 名 ・形動 )
〔「心労」の転という。近世上方語。現在でも関西地方で用いる〕
疲れて苦しい・こと(さま)。また、苦労・骨折り。 「ああ、-」 「はあ、いかう-な。この刀を持つてくれさしめ/狂言記・粟田口」 「 -が利になる/浄瑠璃・伊賀越道中双六」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

しんどの関連キーワードぼくがイルカにのった少年になる日までマクロビオティック阿耨多羅三藐三菩提オガンジ池瓦窯跡千葉県市川市真間底なしダイビング白蝋病・白蠟病アイパー滝沢松木長右衛門十一面観世音米子市美術館能美[町]大塩平八郎筌ノ口温泉ガマゲロゲ大柿[町]新道・新路お亀石古墳祁答院雄貴ビブラーバ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

しんどの関連情報