コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気砲 キホウ

デジタル大辞泉の解説

き‐ほう〔‐ハウ〕【気砲】

文政年間(1818~1830)に国友藤兵衛が製作した空気銃ポンプで空気を圧縮貯蔵し、弾丸を連続して発射することができた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の気砲の言及

【空気銃】より

…空気銃はドイツ,オーストリアなどでは15世紀ごろに各地で製作され,軍用にはナポレオン軍に対したオーストリア軍が使用した記録がある。日本へはオランダから徳川将軍家に1640年(寛永17)ころ献上されたのが始めてのものと思われ,1818年(文政1)近江の鉄砲鍛冶国友藤兵衛が,この銃をもとに独自のものを考案し,〈気砲〉と名づけている。それらはいずれも外部ポンプを使用する方式であった。…

※「気砲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

気砲の関連キーワード国友鉄砲鍛冶石川島造船所

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android