気通(読み)きとおる

精選版 日本国語大辞典「気通」の解説

き‐とお・る ‥とほる【気通】

〘自ラ四〙 気が利く。粋をきかす。事情をよく察する。
浄瑠璃・長町女腹切(1712頃)上「二人引寄せ寝所(ねどころ)の、障子の内に押入れて、伯母は気とおり堀川通り」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android