コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気道確保 きどうかくほ

2件 の用語解説(気道確保の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

きどうかくほ【気道確保】

気道が閉塞へいそく・狭窄きようさくされたときに、呼吸気の通り道を得るために行う方法の総称。器具を挿入して気道を開通させる、気管内に管を挿入する、気管切開などの方法がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

気道確保【きどうかくほ】

自発呼吸が止まっているとき,もしくは気道狭窄や閉塞によって十分な肺換気が得られなくなったときに行う救急救命法。一般には,溺水(できすい)や窒息などの事故に際して行う。
→関連項目睡眠時無呼吸症候群

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

気道確保の関連キーワード誘導運動息を引き取る人工呼吸器若しくは笑いが止まらない息も絶え絶え頸髄損傷無呼吸テスト臨床的脳死診断含み益(損)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

気道確保の関連情報