水中コンクリート(読み)すいちゅうコンクリート

百科事典マイペディアの解説

水中コンクリート【すいちゅうコンクリート】

水中に直接打設するコンクリート。水の影響で材料が分離しやすいため,やむをえないとき以外は利用されない。上端に漏斗状受口をもつ管(トレミー)からコンクリートを水底に落下させ打設していたが,最近はコンクリートポンプによる直接圧送が行われている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の水中コンクリートの言及

【コンクリート】より

…なるべく低い温度の材料を用いて練上りコンクリート温度を低下させるとともに,養生中の水分の蒸発を防ぐなどの注意をする。水中コンクリートunder water concreting水中に打ち込むコンクリート。空気中のコンクリートの打設に比較して不安があり,構造物の大容量基礎以外にはあまり用いられない。…

※「水中コンクリート」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android