水天一碧(読み)スイテンイッペキ

デジタル大辞泉の解説

すいてん‐いっぺき【水天一×碧】

晴れ渡った遠い海上などの、水の色と空の色とがひと続きになっているようす。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すいてんいっぺき【水天一碧】

海上がよく晴れ渡り、水の青と空の青とが一つになって、さかいめがわからないこと。水天一色。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

すいてん‐いっぺき【水天一碧】

〘名〙 晴れ渡った遠い海の沖合いで、水と空とが青々としてひとつづきになっていること。水天一色。
※小学読本(1884)〈若林虎三郎〉五「春の暮、夏の初、風穏に波静にして水天一碧睡るが如く笑ふが如き日」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android