コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水天 スイテン

デジタル大辞泉の解説

すい‐てん【水天】

水と天。水と空。「水天一色」
水に映る天。
《〈梵〉Varuṇa十二天の一。水をつかさどる竜神で、また西方の守護神。形像は左手に羂索(けんさく)・右手に剣を執り、亀の背に乗るものが多い。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

すいてん【水天】

水と空。海と空。
Varuna〕 もとインド神話の天空神、下って律法神。仏教に入って水神。十二天・護世八方天の一。西方を守護する。水難除け・雨ごいの本尊として信仰される。左手に竜索、右手に剣をとり、亀の背に乗る像が多い。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水天
すいてん

バルナ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水天
すいてん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の水天の言及

【インド神話】より

…しかるに,イランにおいては,アスラに対応するアフラがゾロアスター教の最高神(アフラ・マズダ)となり,デーバに対応するダエーバが悪魔の地位に落とされた。 インドラに次いで重要な神はバルナ(水天)である。バルナは典型的なアスラであり,その神性はアベスターの最高神アフラ・マズダに対応するとされる。…

【十二天】より

…12の天部は四方(東西南北)と四維(南東,南西,北西,北東)の8方と上方,下方の10方位に配置される十尊と日天(につてん),月天(がつてん)である。すなわち,帝釈天(たいしやくてん)(東),火天(かてん)(南東),閻魔天(えんまてん)(南),羅刹天(らせつてん)(南西),水天(すいてん)(西,バルナ),風天(ふうてん)(北西),毘沙門天(びしやもんてん)(北),伊舎那天(いしやなてん)(北東),梵天(ぼんてん)(上),地天(ちてん)(下),日天,月天となる。十二天像は画像で表現される。…

【バルナ】より

…ヒンドゥー教の神名。〈水天〉と漢訳される。インド最古の聖典《リグ・ベーダ》において,バルナに捧げられた讃歌数は多くはないが,インドラに次いで重要な神であった。…

※「水天」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

水天の関連キーワード東京都中央区日本橋蛎殻町バルナ(古代インドの神)鹿児島県伊佐市菱刈下手福岡県久留米市瀬下町喫茶去 快生軒福岡県久留米市水天宮利生深川日本橋蛎殻町日本橋人形町鮎滝渡船場跡中河 幹子坂東 恭吾インド神話水天一碧真木和泉真木保臣散切り物便無し人形町蠣殻町

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水天の関連情報