水島安彦(読み)みずしま やすひこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

水島安彦 みずしま-やすひこ

竹山道雄の小説「ビルマ竪琴(たてごと)」の主人公
ビルマ戦線で敗走する日本軍の上等。合唱の得意な井上部隊に属し,竪琴の名手である。イギリス軍の捕虜となり,降伏しない他の日本部隊の説得にでかけて負傷戦死者をとむらうためにとなってビルマにとどまる決意をする。小説は昭和22-23年「赤とんぼ」に連載。安井昌二,中井貴一の主演で2度映画化。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android