竪琴(読み)タテゴト

世界大百科事典 第2版の解説

たてごと【竪琴】

C.ザックスの楽器分類法による弦鳴楽器のうちの,ハープ型(ハープ)やリラ型(リラキタラ)のように,縦に構えて直接手で奏する弦楽器を指す。しかしハープには水平にして奏する型(水平型)も存在し,リラにも横にして奏するギリシア時代の図像が残されており,この用語法は厳密さを欠く。竪という日本語に該当する西欧語はなく,文学的・詩的表現を目的とする場合によく使われる,やや古めかしい語である。【船山 信子】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たてごと【竪琴】

ハープ・リラのように弦をたてにして指で搔き鳴らす楽器。楽器の分類としては、似たような構造の寝かせて奏するものも含む。
ハープのこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

竪琴
たてごと

竪に構えて弾く弦楽器の文学的、詩的表現。ハープ形(ハープ、箜篌(くご)など)とリラ形(リラ、キタラなど)の2種ある。いわゆる「ビルマの竪琴」とは、ハープ形のサウンのことである。[柴田典子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

竪琴の関連情報