竪琴(読み)タテゴト

世界大百科事典 第2版の解説

たてごと【竪琴】

C.ザックスの楽器分類法による弦鳴楽器のうちの,ハープ型(ハープ)やリラ型(リラキタラ)のように,縦に構えて直接手で奏する弦楽器を指す。しかしハープには水平にして奏する型(水平型)も存在し,リラにも横にして奏するギリシア時代の図像が残されており,この用語法は厳密さを欠く。竪という日本語に該当する西欧語はなく,文学的・詩的表現を目的とする場合によく使われる,やや古めかしい語である。【船山 信子】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たてごと【竪琴】

ハープ・リラのように弦をたてにして指で搔き鳴らす楽器。楽器の分類としては、似たような構造の寝かせて奏するものも含む。
ハープのこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

竪琴
たてごと

竪に構えて弾く弦楽器の文学的、詩的表現。ハープ形(ハープ、箜篌(くご)など)とリラ形(リラ、キタラなど)の2種ある。いわゆる「ビルマの竪琴」とは、ハープ形のサウンのことである。[柴田典子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

たて‐ごと【竪琴】

〘名〙 ハープのこと。また、ハープ型、リラ型弦楽器の総称。
吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉一一「サンドラ、ベロニが月下に竪琴を弾いて、以太利亜風の歌を〈略〉うたってゐる所は」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

竪琴の関連情報