コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竪琴 タテゴト

5件 の用語解説(竪琴の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たて‐ごと【×竪琴】

ハープリラなど、縦に張った弦を弾奏する楽器。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

竪琴【たてごと】

たてにかまえて奏する撥弦(はつげん)楽器の総称で,ハープリラなどの訳語。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

たてごと【竪琴】

C.ザックスの楽器分類法による弦鳴楽器のうちの,ハープ型(ハープ)やリラ型(リラキタラ)のように,縦に構えて直接手で奏する弦楽器を指す。しかしハープには水平にして奏する型(水平型)も存在し,リラにも横にして奏するギリシア時代の図像が残されており,この用語法は厳密さを欠く。竪琴という日本語に該当する西欧語はなく,文学的・詩的表現を目的とする場合によく使われる,やや古めかしい語である。【船山 信子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たてごと【竪琴】

ハープ・リラのように弦をたてにして指で搔き鳴らす楽器。楽器の分類としては、似たような構造の寝かせて奏するものも含む。
ハープのこと。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

竪琴
たてごと

竪に構えて弾く弦楽器の文学的、詩的表現。ハープ形(ハープ、箜篌(くご)など)とリラ形(リラ、キタラなど)の2種ある。いわゆる「ビルマの竪琴」とは、ハープ形のサウンのことである。[柴田典子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

竪琴の関連キーワード気鳴楽器弦鳴楽器体鳴楽器電鳴楽器ハープ本曲膜鳴楽器チター古楽器ブル・ロアラー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

竪琴の関連情報