コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水惑星 みずわくせいaqua planet

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水惑星
みずわくせい
aqua planet

地球が惑星として唯一,液体としての水 (海) を持つことから,地球のことを水惑星という。地球上の水の由来は,原始地球の時代にまでさかのぼる。微惑星が原始地球に衝突し,この衝突による脱ガスで原始大気が形成され,原始地球が現在の地球の半分程度の大きさになったころから,地表温度が下がり,原始水蒸気大気が雨となって原始地球に降りそそいだ。その量は現在の海の水の量に近いものと考えられている。これによって原始地球に海が生れることになり,以後四十数億年にわたり,地球は水惑星として安定した状態を保ってきた,と考えられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

水惑星の関連キーワード栗木京子松井孝典海水

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水惑星の関連情報