コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下がり サガリ

3件 の用語解説(下がりの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さがり【下がり】

上から下へ垂れ下がること。「垂れ幕の下がりぐあい」

㋐位置が低くなること。「南下がりの土地」
㋑程度や価値などが低くなること。「気温の上がり下がり」「値下がり
その時刻を過ぎること。「昼下がり」「七つ下がりの日ざし」
(「おさがり」の形で)神仏の前から下げた供物。転じて、目上の人から譲り受けた使用済みの衣類や品物。「兄のお下がりのかばん」
「ほとけのもり物の―と見えて」〈魯文西洋道中膝栗毛
奉公先から自宅へ帰ること。「宿(やど)下がり
力士のまわしの前に垂れた、ひも状の飾り。
おくみさがり」の略。
囲碁で、盤端の第2線ないし第4線の位置にある石から、盤端に向かって同一線上に並べて打つ手。
近世、和船の船首に付けた縄飾り。
10 未払い分の金額。未払い金。
「三万両の―が出来、川があいてもたたれぬ仕儀になり」〈黄・万石通

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

さがり【下がり】

〔動詞「さがる」の連用形から〕
さがること。 ↔ 上がり 「株価の上がり-が激しい」
おさがり 」に同じ。 「ほとけのもり物の-と見へてパンの菓子があるだらう/西洋道中膝栗毛 魯文
ある時刻が過ぎること。 「昼-」 「八つ-」
[1] 力士が褌みつの前に下げるもの。 「 -をさばいて仕切りに入る」
囲碁で、第三線または第四線にある石から、盤端に向かって一路下に打つ手。
関船・弁財船などの舳みよしから垂らした、黒い縄束。たれ。 → 和船
おくみさがり 」の略。
未払いの金。さがりがね。かけ。 「三万両の-が出来/黄表紙・文武二道万石通」
[句項目]

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

下がりの関連キーワード懸垂撓垂れる垂れ壁垂れ絹垂れ下がる・垂れ下る垂れ幕垂れ耳垂れ目ぶら下がる垂れ下る

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

下がりの関連情報