コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下がり サガリ

デジタル大辞泉の解説

さがり【下がり】

上から下へ垂れ下がること。「垂れ幕の下がりぐあい」

㋐位置が低くなること。「南下がりの土地」
㋑程度や価値などが低くなること。「気温の上がり下がり」「値下がり
その時刻を過ぎること。「昼下がり」「七つ下がりの日ざし」
(「おさがり」の形で)神仏の前から下げた供物。転じて、目上の人から譲り受けた使用済みの衣類や品物。「兄のお下がりのかばん」
「ほとけのもり物の―と見えて」〈魯文西洋道中膝栗毛
奉公先から自宅へ帰ること。「宿(やど)下がり
力士のまわしの前に垂れた、ひも状の飾り。
おくみさがり」の略。
囲碁で、盤端の第2線ないし第4線の位置にある石から、盤端に向かって同一線上に並べて打つ手。
近世、和船の船首に付けた縄飾り。
10 未払い分の金額。未払い金。
「三万両の―が出来、川があいてもたたれぬ仕儀になり」〈黄・万石通

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

下(さ)がり

日本の妖怪頭部だけの馬の姿で、頭上から降りてきて驚かすとされる。岡山県の旧・邑久郡地域に伝わる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

さがり【下がり】

〔動詞「さがる」の連用形から〕
さがること。 ↔ 上がり 「株価の上がり-が激しい」
おさがり 」に同じ。 「ほとけのもり物の-と見へてパンの菓子があるだらう/西洋道中膝栗毛 魯文
ある時刻が過ぎること。 「昼-」 「八つ-」
[1] 力士が褌みつの前に下げるもの。 「 -をさばいて仕切りに入る」
囲碁で、第三線または第四線にある石から、盤端に向かって一路下に打つ手。
関船・弁財船などの舳みよしから垂らした、黒い縄束。たれ。 → 和船
おくみさがり 」の略。
未払いの金。さがりがね。かけ。 「三万両の-が出来/黄表紙・文武二道万石通」
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

下がりの関連キーワードサポート(support)餅搗き相場・餠搗き相場投げ物一巡・投物一巡弱含み(よわぶくみ)足取り表・足取表尻上がり・尻上り買い支え・買支えエッジトリガ方式上がり下がりだらだら降り下がりを請く右肩上がり阿弥陀被り右肩下がり下がり蜘蛛七つ下がりプルアウト高値掴み下がり目所習はし

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

下がりの関連情報