コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水道用水 すいどうようすいwater for municipal use

1件 の用語解説(水道用水の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水道用水
すいどうようすい
water for municipal use

水道を通じて利用される水の総称。家庭用水都市活動用水,工場用水がある。人口増加水道普及率の上昇,あるいは生活水準の向上に伴って需要は急増している。こうしたことから,上水道の送配中の漏水防止や家庭用水,ビル用水の節水機器など,水の浪費を少くするための機器の開発が進められている。水源はおおよそ河川水 74%,地下水 24%,その他2%となっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

水道用水の関連情報