コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

氷上陽侯 ひかみのようこう

朝日日本歴史人物事典の解説

氷上陽侯

生年:生没年不詳
奈良時代の女官。従三位命婦。天武天皇の孫塩焼王と,聖武天皇の娘不破内親王の皇女と推察されている。母不破内親王の称徳天皇呪詛事件や,兄氷上川継の謀反などにかかわり流謫された可能性もある。<参考文献>「氷上陽侯」(『角田文衛著作集』5巻)

(服藤早苗)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android