コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

氷礫岩 ひょうれきがんtillite

岩石学辞典の解説

氷礫岩

氷礫石(till)が岩石状になったもので,更新世(Pleistocene)に先立つ氷河期に形成された,固結した礫状の粘土[Penck : 1906, Flint : 1971].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

氷礫岩の関連キーワードハルストレムアブレーション氷礫土ベルク氷礫土ロッジメント氷礫土ベルイマン(Ingmar Bergman)オデッツストリンドベリヴィルマンハウプトマンヘクシャー

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone