更新世(読み)こうしんせい(英語表記)Pleistocene

翻訳|Pleistocene

日本大百科全書(ニッポニカ)「更新世」の解説

更新世
こうしんせい
Pleistocene

地質時代区分の一つ。地質時代第四紀は更新完新世に二分される。更新世は約258万年前から1万1700年前までの時代で、第四紀の大部分を占める。2008年、国際地質科学連合(IUGS)はグリーンランドの氷床コア(氷床を掘削して採取した円柱試料)における、ヤンガー・ドリアス(最終氷期から現在の温暖期へ移行するまでのの一時的に気候が寒冷化した時期)が終わって温暖になり始める時期をもって更新世と完新世の境界とした。もともとは、イギリスの地質学者ライエルが1839年に、軟体動物化石群に現生種が90%以上含まれる地層を更新と命名し、更新統の堆積(たいせき)した期間が更新世であるとされていた。日本では洪積世も更新世と同じ意味で使われることがあるが、洪積層は洪水による堆積物を意味し、元来、北欧の氷河堆積物をこうよんだことに発しており、現在洪積世の呼称は国際的には使用されていない。なお、更新世の気候、生物などについては別項「第四紀」を参照されたい。

[矢島道子 2015年8月19日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「更新世」の解説

こうしん‐せい カウシン‥【更新世】

〘名〙 地質時代の区分の一つ。地球上に広く氷河が発達した新生代の最末期、第四紀洪積世(こうせきせい)別称最新世

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「更新世」の解説

更新世【こうしんせい】

第四紀の前半の地質時代名。164万年前から1万年前まで。ライエルは1832年に新鮮新世としたものを,1839年に更新世と改めた。この時代はいわゆる大氷河時代であり,氷河を背景にして人類が進化した時代である。考古学でいう旧石器時代にほぼ相当。かつて洪積世ともよばれた。
→関連項目毛サイ剣歯虎洪積台地ステゴドン第四紀ドナウ氷期ナウマンゾウマストドンマンモスメガテリウム藍田原人

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「更新世」の解説

更新世
こうしんせい
Pleistocene Epoch

地質時代の年代区分の一つで,新生代第四紀を二分したときの前半の。洪積世,最新世ともいう。人類の出現した時期で,約 258万年前から約 1万1700年前の期間にあたる。およそ氷河時代に相当し,氷期間氷期を数回繰り返し,古気候海水準変動,生物群の変遷火山活動などに著しい特徴がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版「更新世」の解説

更新世
こうしんせい
the Pleistocene epoch

地質年代の最後の新生代の第四紀前半をさす。洪積世ともいう
約250万年前から約1万年前までにあたり,この初期猿人が出現し,末期の新人まで進化した。いわゆる氷河 (ひようが) 時代にあたり,4つの氷河期と3つの間氷期を含む。完新世に先行する時代。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

旺文社日本史事典 三訂版「更新世」の解説

更新世
こうしんせい

地質時代の時代区分の一つで,新世代の第四紀前半(約200万年前〜1万年前)にあたり,洪積世ともいう
気候が激変した時代で,4回ほど大氷河期があり,その間に温暖な間氷期が存在したが,この第1間氷期から第2氷期にかけて直立猿人が出現した。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内の更新世の言及

【洪積世】より

…地質時代区分の一つ。更新世(最新世ともいう)Pleistoceneと同義である。新生代は,哺乳類時代とよばれ,第三紀と第四紀に区分されるが,両紀の境界は,人類および現在型の哺乳類が現れ,温暖な気候が寒冷化して氷河が発達し始めた時期においており,第四紀は,人類時代とも氷河時代ともよばれる。…

【第四紀】より

…新生代の第三紀の後につづく紀で,地質時代の最後の紀である。第四紀はさらに氷河時代の更新世(洪積世)と後氷期の完新世(沖積世)に区分され,全体が約200万年前から現在までを含む時代である。なお,慣用的に〈だいよんき〉と読まれるが,正しくは〈だいしき〉と読む。…

※「更新世」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バブル方式

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大防止策の一。国際的なスポーツ大会で、選手や運営関係者を隔離し、外部と接触させない方式。[補説]泡(バブル)の膜でとり囲むように、内部と外部を遮断する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android