コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

氷縞 ひょうこうvarve

翻訳|varve

百科事典マイペディアの解説

氷縞【ひょうこう】

氷が解けて流れた水によって運ばれた物質が氷河の周辺の湖底に沈積して生じた細かい縞(しま)状の層理。各縞の境界は明瞭で厚さは数mm〜数cm。各縞の下部はやや粗粒の灰〜褐色の砂泥で,上部に向かって次第に細粒になり,黒〜青灰色の泥に変わる。下部のあらい層は夏縞,上部の細かい薄い層は冬縞と呼ばれる。夏縞は春から夏にかけての強い流水の運搬物であり,冬縞は主として秋の弱い流水の運搬物。一つの縞は1年を代表し,木の年輪にもたとえられるため,氷河期の研究にとって重要。
→関連項目氷縞粘土

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

氷縞の関連キーワード周期的級化層理年代測定法氷成堆積物絶対年代年代測定陸成層湖成層氷期

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android