コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

年輪 ねんりんannual ring

翻訳|annual ring

6件 の用語解説(年輪の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

年輪
ねんりん
annual ring

樹木の茎や根の横断面にみられる1年間に生じる輪状の材の部分。形成層の活動は春に始り秋に終り,それぞれ春材と秋材がつくられ,これを合せて年輪という。普通春材と秋材の境は明瞭でないが,秋材と春材との境は明確で,これを年輪の境という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ねん‐りん【年輪】

樹木の横断面にみられるほぼ同心円状の輪。温帯林では形成層の肥大生長が気温で異なり、春から夏にかけて活発に生長し、冬に休止するので、1年の間に粗と密の輪ができる。熱帯降雨林では1年じゅう生長を続けるので、年輪はふつう認められない。
多年にわたり積み重ねられてきた経験。「人生の年輪を感じる」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

年輪【ねんりん】

樹木の幹の横断面に同心円状に現れる模様。裸子植物双子葉植物の茎や根は形成層の働きで肥大するが,形成層の活動は寒暖の変化に支配され,冬は休止して,1年を単位とする周期性がみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ねんりん【年輪 annual ring】

肥大生長をして材をつくる木本植物の場合,形成層のはたらきによって茎の肥大生長行われる。植物のあらゆる活動の例にもれず,形成層のはたらきも外界の影響などによって左右される。特に気温の高い夏季に活発になり,冬季にはそのはたらきが鈍るのが特徴的である。このため,でき上がった茎をみると,形成層のはたらきが活発であった時期に,つくられた細胞も大きく,生長量の大きい部分と,逆に生長量が小さくて小さな細胞が詰まっている部分の差がはっきりしている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ねんりん【年輪】

樹木の横断面に見られる同心円状の輪。一年間に形成された材の組織の生長が春は粗く、夏秋にかけて次第に密になるためにできる層。
人の成長や修業の積み重ね。 「 -を重ねた芸」 〔英語 annual ring の訳語。「米欧回覧実記」(1877年)にある〕

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

年輪
ねんりん
annual ring

樹木は形成層の細胞分裂によってその内側に二次木部を、外側に二次篩部(しぶ)を形成する。この樹木の幹や根などを横断して見たとき、樹木の成長に伴って同心円状の輪が認められる場合、これを成長輪という。この成長輪のうち、1年を周期としたものをとくに年輪とよぶ。[鈴木三男]

針葉樹と広葉樹の年輪

温帯地方では春夏秋冬がはっきりしており、樹木は春から夏に活発に成長し、冬は休止しているのが普通である。マツやスギなどの針葉樹でみてみると、春には細胞分裂が活発に行われて、直径が大きく細胞壁の薄い仮道管がつくられる。この部分を早材(そうざい)または春材(はるざい)とよぶ。しかし、夏になると細胞分裂は低下して、細胞壁が厚くて直径の小さい仮道管をつくるようになり、ついには成長が休止する。この部分が晩材(ばんざい)または夏材(なつざい)とよばれる部分である。早材と晩材とが一組になって一つの年輪を構成する。また、早材と晩材では細胞の大きさや細胞壁の厚さなどが違うことから、堅さや色調なども異なっている。とくに晩材から次の年の早材へ移り変わる境目がはっきりしているのが普通である(これを年輪界という)。針葉樹類で年輪が明瞭(めいりょう)となるかどうかは、種類によってほぼ決まっており、マツ、スギ、カラマツなどは明瞭であるが、モミ、イヌマキなどでは不明瞭となる。また、ヒノキなどは晩材の量が早材に比べて極端に少ない年輪を形成するので、スギなどとははっきり違ってみえる。
 一方、広葉樹でも同様にして年輪が形成される。広葉樹のなかには、春の形成層活動が再開されたとき、とくに大きな道管ができ、夏以降の晩材部には細い道管のみがつくられるものがある。これらは大きな道管が年輪に沿って同心円状に配列するので環孔材とよばれる。ケヤキ、ミズナラなどでは、こうした年輪が肉眼でも明瞭に認められる。これに対して、1年輪内に似た大きさの道管が散在しているものは散孔材とよばれる。サクラ、ヤナギなどの散孔材では、顕微鏡などによる観察ではこうした特徴が明瞭に認められるが、肉眼では判然としないことが多い。年輪は、このように1年のうちで成長の活発な時期と不活発な時期が周期的にあることからできるため、温帯に限らず、雨期と乾期の違いのある地域でも年輪は形成される。しかし、熱帯降雨林のように一年中、樹木が成長を続けている所では認められないのが普通である。[鈴木三男]

年輪の幅と偽年輪

年輪の幅は樹木の成長量の反映であるから、同じ種類でも個体によって異なるし、また同じ個体でも幹・根・枝などの部分によって異なってくる。さらに、同じ部分でも年によって違っている。一般に、若木は旺盛(おうせい)な成長をみせるので年輪幅が広く、老木では狭い。また、年輪を形成している途中で、暴風や病害などによって枝が折れたり、葉が落ちたりして一時的に成長が停滞し、その後回復したような場合、あたかも年輪のようにみえる部分ができる。これを偽年輪とよび、正常な年輪と誤認しやすい。しかし、偽年輪は年輪と比べると、幹の全周を回った同心円状になっていないことが多く、年輪界にあたる部分が明瞭でないなどから区別できる。[鈴木三男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の年輪の言及

【材】より

…形成層からつくられてしばらくは水分の通道に役だつが,やがてその機能を失い,その後は植物体の重い地上部を支える支持の働きをする。温帯・寒帯では形成層活動の季節変化によって年輪がつくられ,春材と夏材(または秋材)が区別できる。熱帯の樹木では年輪が明確ではないが,雨季と乾季を反映する構造がみられる場合がある。…

【木材】より


[構造]
 形成層から樹体の内側に生産されていく木材は,円周状に層をなした無数の細胞から成り立っているが,この層を生長輪という。とくに季節によって生長の差が大きく,外観的に明りょうに区分できるので,1年間の生長層を年輪という。ラワンなどの南洋材には季節による生長の差が少なく,生長輪の認められないものが多い。…

※「年輪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

年輪の関連情報