コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

氷雪登攀 ひょうせつとうはん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

氷雪登攀
ひょうせつとうはん

氷壁や雪壁を登攀する技術の一つ。ピッケルアイゼンによって身体のバランスをとりながら登攀する。傾斜がゆるいときはアイゼンによって歩行し,ピッケルでバランスをとる。傾斜が急になればピッケルの頭部を握り,ピックを氷壁や雪面に打ち込み,それをホールドとして登る。垂直に近くなると,両手にピッケル (またはアイスバイル) を握り交互にピックを打ち込みながら身体を引き上げる,ダブル・アックス技術が使われる。さらに安全のため,アイスハーケンを打ち込み,これにザイルをかけて下にいる者が確保することもある。バランスの基本はロッククライミングと同じ3点支持であるが,雪や氷の質 (安定性) を見分ける技術も要求される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

氷雪登攀の関連キーワードヒラリー槙有恒槇有恒

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android