コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永明延寿 ようみょうえんじゅYŏng míng yán shòu

世界大百科事典 第2版の解説

ようみょうえんじゅ【永明延寿 Yŏng míng yán shòu】

904‐975
中国,五代北宋初期の仏者。単に延寿ともいう。姓は王氏,字は沖玄,抱一子。浙江省余杭の人。28歳で翠巌令参について得度し,その後,天台徳韶の法を継いで法眼宗三祖となる。禅と念仏とを兼修して,道俗よりあがめられた。中国では法眼宗は宋代に衰えたが高麗に弘通(ぐつう)した。著書には,仏教諸宗を禅に折衷した名著《宗鏡録》(961完成)のほかに,《万善同帰集》《唯心訣》がある。【吉田 公平】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

永明延寿の関連キーワード浄慈寺(じんずじ)臥雲日件録

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android